デッシミス ピノ・グリージョ 2018(ヴィエ・ディ・ロマンス)

デッシミス ピノ・グリージョ 2018(ヴィエ・ディ・ロマンス)

通常価格
¥4,759
販売価格
¥4,759
通常価格
¥5,830
売り切れ
単価
あたり 
上記は税込価格になります。

【北の巨匠ヴィエ・ディ・ロマンスが醸す淡いロゼカラーの完熟ピノ・グリージョ】

完熟したピノ・グリージョからくるオレンジがかった淡いロゼカラー。白桃やアプリコット、洋梨のような芳醇さにブラッドオレンジを思わせる柑橘の果実のアロマ。蜂蜜、杏仁、クリームブリュレを思わせる樽熟成のニュアンスが調和しています。凝縮感を感じる果実の旨味、ふくよかで粘性のある濃厚な舌触り、塩気のあるミネラルに柔らかな酸、僅かなタンニンを感じる苦味を伴ったコクがあります。ピノ・グリージョの魅力を余すことなく表現した個性的で完成度の高い一本です。

<ヴィエ ディ ロマンスについて>
イタリア北東部フリウリに1900年に創業した家族経営のワイナリー。 現在のオーナーで3代目にあたるジャンフランコ・ガッロ氏はこの歴史あるワイナリーを1978年に受け継いで以来、逆風に向かうことを恐れず、このイソンツォの平野を最高のイタリア白ワイン産地に変えてみせた人物として、イタリア最高の白ワインを造る「北の巨匠」として尊敬されています。独特の深みと奥行き、エレガントな酸。他にはない、際立った個性がヴィエ ディ ロマンスの魅力です。 ガッロ氏は「良いブドウを作るにはテロワールを構成する4つの要素を理解することが不可欠。すなわち『人間・気候・ブドウ品種・土地』である。」といいます。良いワインを造るにはテロワールに最も適したブドウ品種を栽培し、凝縮したブドウを作り、完熟期を迎えたブドウを最高のタイミングで収穫することだ、というのが彼の哲学であり、これこそが人間の果たすべき役割であると考えているからです。 ヴィエ ディ ロマンスとは「ローマへの道」という意味です。ワイナリーの所在地の近くにある道がローマ時代からある事が知られていてワイナリーの名前になりました。

生産国:🇮🇹イタリア
生産地域:フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア > フリウリ イソンツォ
生産者:ヴィエ・ディ・ロマンス
葡萄品種:ピノ・グリージョ 100%
アルコール度数:14%
発酵:ステンレスタンク(5日)、のちバリックでアルコール醗酵(14ー21日)。低温マセラシオン8℃、醗酵温度16ー19℃。
熟成:オーク樽熟成10カ月(新樽比率20%、澱とともに)/瓶熟成 8カ月以上
タイプ:辛口白
飲み口:ミディアム-フルボディ
飲み頃温度:12℃
内容量:750ml
相性のいい料理:ウニのオイルパスタ、ブルスケッタ、豚肉のグリル(塩胡椒)、ワイン単体で美味しく飲めます。