ワイタキ ピノ・ノワール	ヴァリ ヴィンヤーズ	2014

ワイタキ ピノ・ノワール ヴァリ ヴィンヤーズ 2014

通常価格
¥7,071
販売価格
¥7,071
通常価格
¥8,250
売り切れ
単価
あたり 
上記は税込価格になります。

オレンジがかったガーネットの色調。なめし革、枯葉、紅茶などの熟成香に、ダークチェリー、バラのドライフラワー、ドライハーブ、オレンジピール、白胡椒、スモークなどが重層的に香る複雑なアロマ。滑らかな飲み口で熟した果実味があり、繊細さと力強さをあわせ持ったスタイルです。開くのにやや時間を要すのでゆっくりと味わうことをお勧めします。

<ヴァリ ヴィンヤーズについて>
オタゴのピノ・ノワールの先駆者グラント・テイラーがオタゴのサブリージョンの個性の違いを映し出すために立ち上げた「ヴァリ」。ヴァリの当主、グラント・テイラーは、カリフォルニアで経験を積んだ後 1993 年に故郷のオタゴへ帰り、当時はほとんど目にかけられることのなかったセントラル・オタゴでピノ・ノワールに取り組んだ。複数のワイナリーでワインメーカーを務め、彼の手による多くのピノ・ノワールが続々と国際的な賞を獲得。その結果、いくつかの稀少銘柄が渇望されるようになり、セントラル・オタゴはニュージーランドを代表するピノ・ノワールの産地として世界に知られ、今では1700ヘクタールものブドウ畑が存在する。1993年当時はほんの20ヘクタールしか畑はなかったのだというのだが。そのグラント・テイラーが、1998年に自らのワイナリーを立ち上げた。名前は、ニュージーランドへ移住してきた曾祖父ジュゼッペ・ヴァリに敬意を表して「ヴァリ」とした。
2006年からは他社のワインメーカーを辞しこのワイナリーに専念しているが、ここでの目的は、オタゴのサブリージョンによる違いをワインに映し出すこと。拠点のギブストンの他に、バノックバーン、ベンディゴ、そして新進の産地ワイタキの4カ所のワインを造り、相変わらず数多くの賞や高評価を得続けている。

生産国:🇳🇿ニュージーランド
生産地域:ノース・オタゴ > ワイタキ
生産者:ヴァリ ヴィンヤーズ
葡萄品種:ピノ・ノワール 100%
アルコール度数:13.5%
発酵・熟成:オーク樽(新樽35%、1年樽35%、2年樽30%)で11ヶ月熟成。無濾過無清澄で瓶詰め。
タイプ:辛口赤
飲み口:ライトーミディアムボディ
飲み頃温度:16℃
内容量:750ml
相性のいい料理:鴨のローストオレンジソース、牛のフィレステーキ、ジビエなど