マ・ド・ギオー カベルネ シラー	シャトー ギオー	2018

マ・ド・ギオー カベルネ シラー シャトー ギオー 2018

通常価格
¥2,357
販売価格
¥2,357
通常価格
¥2,750
売り切れ
単価
あたり 
上記は税込価格になります。

カシス、ブラックベリーのジャム、バニラ、黒胡椒、リコリス、カカオ、カシスの芽のようなグリーンなニュアンス。しっかりとした酸と絹のように滑らかなタンニンを備えたエレガントなスタイル。ボルドーワインのような印象の一本です。

<シャトー ギオーについて>
シャトー・ギオーは、ラングドック・ルーション地方に100ヘクタールのブドウ畑を有する家族経営のワイナリーです。オーナーのコルニュ家がシャトーを購入したのは1976年で、ワインの品質向上のため、セラーの改築や最新の醸造設備の完備、新しい品種の植樹を始め、様々な改革に着手し、1983年、ラングドックのソムリエ協会会長も務めるレストラン「パージュ」のシェフにその実力を認められ、この著名なミシュラン・レストランのワイン・リストに名を連ねるようになりました。
これをきっかけに、ギオーの名はたちまち知られるようになり、かのロバート・パーカーも、1996年に自著「世界のベスト・バリューワイン」にて、その実力を高く評価しました。
ブドウ栽培は、リュット・レゾネ(減農薬)方式で、品質にこだわり、ブドウは全てテイスティングを経て慎重に収穫時期を選ぶため、近隣のどのワイナリーよりも遅めの収穫を迎えます。

生産国:🇫🇷フランス
生産地域:ラングドック・ルーション > ガール > コスティエール・ドゥ・ニーム
生産者:シャトー ギオー
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 60%、シラー 40%
アルコール度数:13.5%
熟成・発酵:早朝に手摘みで収穫し、除梗して発酵槽に入れ低温発酵。長めのポスト・マセラシオン(発酵後の果皮浸漬)で果皮や種から円やかな果実味を抽出。容量500Lのオーク樽で12カ月熟成。無濾過で瓶詰。
タイプ:辛口赤
飲み口:ミディアムーフルボディ
飲み頃温度:17℃
相性のいい料理:子羊の香草焼き、牛ステーキ、チンジャオロースなど